スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top under∨
アタシの備忘録~汗と涙の教習日記・1時限・2時限目~
2015-02-22 Sun 02:04
仕事が忙しすぎて毎日帰宅が遅くなってしまって...


更新したくてもなかなか出来ずにいます。


来月も忙しい日が続きそうなので今以上に更新する頻度が減ってしまいそうな予感。


出来る限りは頑張りますのでお付き合い宜しくお願いします。

さて、教習日記の1時限目のお話ですね。


教習所に行くことが久しぶり過ぎるので何もかも分からないに等しい状態。


予約の取り方だって様変わりしていました。


今はネットで予約なんですよね(・・*)ゞ ポリポリ


でも、キャンセル待ちだけは電話で確認なんです。
そこは今も昔も変わらないんですね。


教習当日真っ先に向かったのは受付。


予約はちゃんと取れているはずなんですけれど、配車はどうやって確認するんだろ?
入校式の日に説明があったはずなんですけどあまり覚えていない。


これ、私の悪い癖です┐(-。ー;)┌ヤレヤレ


聞かなきゃいけないって分かっているんですけど
別の事を考えてしまって、話が入ってこないんです。


会社でも毎日朝礼があるんですけど
バイクで何処行こう?とか今日のお昼何食べよう?なんてことばかり
考えていて何ひとつ聞いていない。


なので、受付に行って配車の確認のやり方から教えて頂きました。
ちゃんと聞いておかないとダメですね。反省しました。


カードを機械に通すと、その日担当の教官や時間やらがプリントアウトされて出てくるんです。


時代は変わりましたね。


配車を終えるとバイク小屋へ行くようにと言われました。


ついにこの時がやってきましたよ〜。


緊張してきたぞ(;´∀`)…うわぁ…


バイク小屋の中に入ると男性ばかりがゼッケンを付けて準備中。
この光景をみたら余計に緊張してきた。
やっぱり女子はいないのね(ъ_ъ。●),,,,


さて、私はいったい何をしていたら良いのかしら?と思っていたら


「今日が初めてかな?」


と声を掛けてくれたのが記念すべき教習1時間目、私の担当になってくれた鈴木教官。


この教官とは何かとご縁が有りました。その事については後の教習日記でお知らせ致します。


「まずは免許書見せて。これは毎回ね。それじゃぁ、これ付けて。あとゼッケンも。
大型は水色のゼッケンだから間違わないように。黄色のゼッケンは普通二輪ね。」


と渡されたのが肘と膝用プロテクター。


これがね。


手こずりましたよ。


上手く付けられなくて教官の手を借りてしまった(;´▽`A“


難しくなかったですか?


やたらとマジックテープが付いていて。
どれとどれをくっつければ正解?って四苦八苦してしまいました。


なんとか装着完了。水色のゼッケンも付けてと。


んっ?


これがね。


また手こずりました。


ゼッケンの結び目が硬くてほどけない!!


仕方無しに洋服を着るように被ってみました。


はい。これで準備完了!


あっ!ヘルメットはですね。前もって買っておきました。
教習所でも貸し出ししてくれたんですけど大きくて。
転んだときに吹っ飛んだら怖いので自分の頭の大きさに合うものを使いたかったんです。

グローブも革のモノなんて勿体なくて使えません。
絶対に転んだ時に傷つけてしまう。
軍手を代用してました。


鈴木教官から私に軽く質問。


「今までバイクに乗った事は?」


「ありません。原チャリだけです。」


「ギヤつきの車に乗った事は?」


「あります。しばらくマニュアル車乗ってました。」


「それなら大丈夫!どうにかなる。基本は一緒だから。
 ただね。足でやるんだギアチェンジ。それは乗る時に教えっから。」


「はい。分かりました。」


「背がでっかいからCBでいいかな?足届くでしょ。」


「は、はい?...」
(この後毎回CBでいいかな?って聞かれたんですけどその理由は2段階に入ってから気が付きました。)
 

「今日からはこれに乗って。20号車ね。」


「はい...。」


その20号車がこちら。写真がブレています。申し訳ありません。


IMG_1847.jpg


IMG_1846.jpg


IMG_1845.jpg








これに乗れって言われた理由、分かりますよね?








ボッコボコじゃ~ん!!(,,´д`)…






教官の気持ちが痛いほど分かります。
これから私に沢山痛めつけられますから。
傷だらけのこの子をあてがわれたんでしょう。


私のCBのイメージは白×赤。


シルバーのCBなんて初めて見たかも。


このボコボコのタンクのCBが瞬時で愛しくなってしまいました。名前も付けました!


「がっ君(´。✪ω✪。`)」


鹿島アントラーズ背番号20。


「柴崎岳選手」から頂戴しました。


「がっ君」って呼んでる鹿島サポーターの方多いんじゃないでしょうか?


これも私の悪い癖。


身の回りの番号を鹿島アントラーズの選手の背番号と結びつけてしまうんですよね。
サポーターの恥ずかしい性です。


いよいよバイクに乗る時がやってきました!


今日はいったい何をするんだろ?


あれっ?!教官、がっ君に乗っちゃたケド?


「ひとまず後ろに乗って。コースとか説明すっから。乗ったら肩を持ってね。」


バイクの後ろに乗るのなんて何年ぶりだろう?SRの彼の後ろに乗った時以来?


教官に「肩を持って。」って言われなければ何処を持つか迷ったかも。


女子ツーでご一緒したみけ姐さんは教官の腰に







ギュ~~( ˘ ³˘)❤







っと手を回してしまったそうです。教官も「ドキッ!」としたでしょうね。


バイクの後ろに乗り颯爽とコースを走ります。


「ここはね。スラローム。そのうちやってもらうから。その先は1本橋。大型は10秒で渡る。」









こんなの出来るかっ!!!







「これは波状路。中腰になって渡る。」







バイクに乗ったまま立つんかい?

ムリ!!(;´Д`)モォームリ






こう思った方もいらしゃいますよねぇ。


この後もやれ8の字だ、S字だ、坂道だ、クランクだと不安になる要素が満載のコースを堪能。


「私、大丈夫でしょうか?」と思わず教官に聞いてしまったんです。


「どうにかなる。大丈夫でしょ。」と言われても。


不安だな(;´艸`)ぁぁぁ


「じゃ。乗ってみっか!」


お~!!これからが本番です!!


他の車やバイクの邪魔にならない所まで移動して教習スタートです。


恐る恐る跨ってみると...


すぐに倒れました(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?


自分の力で支えてられないんです。


跨って数秒後の出来事。ビックリしました。


教官にバイクを起こしてもらって再度跨ります。


今度は倒すまいと踏ん張るんですけど危うい。気を抜いたら倒れそうです。


こんな状態なのに、教官はブレーキとクラッチの説明を。


「右手が前ブレーキ、左手がクラッチ。右足が後ろブレーキ。左足がシフトチェンジね。」
あとこれがウィンカー、ハイビームのスイッチ。とりあえずはこれだけ覚えて。」


なんですって?ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ


バイクに跨っているのが精一杯で話が入ってこない。



「まずはね。クラッチとブレーキレバーを握ったままここを踏んでみて。
これがチェンジレバー。今1速に入っている状態。
アクセルを手前に捻ると回転数が上がるから。
すこーし上がったらクラッチレバーをちょっとずつ緩めてみて。」







あ~れ~!!!!∑(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!






バイクだけが先走って、体が置いていかれる!!


「クラッチ急に離すとそうなるから。気を付けて。」


はいはい!こんな怖い思いするなら気をつけます!!


「今度はねチェンジレバーを1回上にあげてみて。
これがニュートラル。バイクによっては入りずらいんだ。
もう一回あげると2速に入る。走りながらやってみて。」


恐る恐るアクセルを開けてクラッチレバーを緩めていきます。ゆっくりと走りだしました。


今度はさっきよりはましかな?


ちょっと走ったところで2速に入れようと思ったんですけど
手と足がなんだかわからなくなってしまって1速のまま暴走。


おまけに上手く停まれなくてまた倒れるΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!


「また倒れたの?大丈夫か?」


体は大丈夫だけど、心が折れそうです。


「2速に入れられるまで頑張ってみて。」


はい。頑張りますけど。


できね~よ~!!


手と足の動きがわかんなくなっちゃうんですけど。


困ったな。


1速のまま暴走、倒れるを繰り返す中、2速に入れられた時の喜びったらヮ─ヾ(#^∀^#)ノ─ィ☆彡


2速に入れられたのは良いけど2速でも暴走。「ブォ~ン!!」ってがっ君も怒ってるみたいなんですよ。


走るのも怖いけど停まるのも怖いんですよね。もう、何もかもが怖い。


どうにか停まると。


「今度はシフトダウンね。2速でしばらく走ったら1速に落として
停まるようにしてみて。それがバイクでの醍醐味なんだから。」


頭では分かってるんですけど。


出来ません(||l ゚ д ゚)


2速に入ったまま停まってもいいじゃんよ~!


なんて事を考えていました。と言うよりもやっていました。


こんな事すら出来ないんですよ。バイクに跨っているだけでも辛い状態。


ちょっと動いては倒れるを繰り返していたので教官も手に追えなかったんでしょう。


コースに埋め込まれた廃タイヤに前輪を当てて、アクセルを開ける感覚を掴む練習をさせられました。
その間、教官は他の人を見に行ってしまって。


一人ぼっち(´;д;`)


ここで初めてのエンストをしたんですけど、どうやってエンジンをかけたら良いのかも
分からないんです。


ニュートラルに上手く入れられる訳もないし、ブレーキとクラッチレバーを握ったままではエンジン掛けられません。
ブレーキレバーからは手を離しても問題ないんですけど、テンパり過ぎてそんな事まで頭が回らない。


教官が来てくれるまでクラッチとブレーキレバーを握り締めたままだったので手の力が尽き果てる寸前。
とくにクラッチレバーって硬くて教習毎に手が痛くなってましたね。


腱鞘炎になってしまいましたよ。


「何やってんの?エンジンかけていいんだよ。」


そんな事言われたってエンジン掛けたとたんにエンストだよ。
クラッチ握りしめてるから大丈夫なのにねぇ...


それにエンジン掛けられたとしても、この場所から後ろに進めない。
怖くてがっ君からも降りられないし。


もう、嫌だ。゚ヾ(´A`)ノ゚。ゥワァーン



なんにも出来ない。教習1時間目って皆さんこんな状態だったのかなぁ。


鈴木教官からも


「少し多めに乗ってもらうかもしれないな。」


って言われちゃった(;*△*;)


もちろんそのつもりです!そうじゃないと私、怖くて卒業出来ないです。


「これで1時間目は終わり。今日はもう1時間入ってんの?」


入ってますけど。乗れる自信が全くありません。


当日は2時間予約をしていたんですけれど、2時限目まで3時間ほど時間が空いてしまうので
自宅へ帰る事にしました。


家へ帰ってからは部屋の真ん中で体育座りをして


どよ~ん…..(;__)/| ずぅぅぅぅん


としてました。悪い事しか考えられなくて。


このまま教習所に行くの辞めてしまおうかと頭をかすめたくらいです。





いやいや。ダメだ!!





最初からバイクに乗れる人なんていないんだから。
今がどんなに酷い状態だって頑張れば結果はついてくる。
だから負けてはダメ!!


いっぱい転んでいっぱい汗をかいたので頭を冷やす為にもシャワーを浴びました。
これが良かったのかな?
頭の中も含めてスッキリ、サッパリ。





よし!!┗(`・ω・´)┛フンヌッ!







気合を入れ直して再度教習所へ向かいます。


受付でカードを通して配車券を出して、バイク小屋へ向かう。


肘、膝のプロテクターを付けて、ゼッケンを付ける。ここまでは完璧。


バイクの鍵が掛かっている所からがっ君の鍵を探し出して教官が来るのを待ってました。


2時間目も1時間目と同じ鈴木教官。


がっ君達が停まっているのはコース内のとある一角。


皆さんはここからバイクに乗ってコースに出て行きます。


この場所が後に私をとっても悩ませる事になるとは、この時は全く気が付きませんでした。


教官にバイクをコースまで出してもらって2時限目の説明を受けます。


「半時計回りでコースを走るからついて来てね。」


ついて来てねって簡単に言うけど、多分ついていけません。
その時はどーぞ置いて行って下さい。と思った瞬間





教官行っちゃった~!!(((((((((((っ・ω・)っ ブーン






待って!!





ブレーキレバーを握って、クラッチレバーを握って、後ろブレーキ踏んで1速に入れて。
                                      ↑
                                  これ、いらない作業です。                             

入ってんのか?


アクセルを開けて、クラッチレバーをゆっくりと緩める。


これを口に出して言ってました。そうしないと混乱しちゃうんですよね。
だから走り出すまでにはかなりの時間が掛かります。
ふと前を見ると教官が停まって待っていてくれてる。





急がねば!








あ~れ~!!!!∑(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!







バイクだけが先走って、体が置いていかれる状況にまたなってしまった。
これって危ないですよね。首がやられそうです。上手く発進出来る様になるまでかなりの時間が掛かりました。


教官が待っていてくれている場所に着くと教官はゆっくりスタート。


私に並走しながら「カーブを抜けるときにはアクセルを開けて~!!」


とか


「ニーグリップ意識して!タンクが潰れる位ギューッっと締める!!」



とか


走りながら大きな声で指示してくれるんです。


教官が一緒に走ってくれている安心感も相まったんでしょうね。






私、走ってる~!!ε=ε=ε=ε=ε=(o  ̄ー ̄)oブーン






「ここで2速に入れる!はい!ここで3速!!」


「2速にシフトダウン~!!」


こうやって側で言ってくれると出来るようになるんですね。


1時限目では跨っている事も儘ならなかったのに
2時限目では走れるようになってる。


自分でも驚きました。


教官は私1人を見ている訳ではないので、途中で他の教習生の所へ行ってしまいます。
その間は1人で外周をグルグルと回っていました。


ニーグリップを意識しながらと言いたいところですがなかなか難しいですよね。
意識を向けるところが複数ヶ所になると必ず意識が甘くなってしまう所が出てきてしまいます。
慣れるまではニーグリップは辛かった。教習終了後は常に内腿が痛かったです。


夢中だった事もあって、時間内は転ばずに走りぬくことが出来ました!!


「なんとかなりそうだね。」


教官にこう言われながら判子を押して貰った時は、飛び上がりそうなくらい嬉しかったですよ~!
数時間前は家の中でどんよりしていたのに。


単純な性格で良かった( ・3・;)~♪



1時限目の状態が続いていたら教習受けるのが嫌になっていたかもしれません。
気分良く終われた事が次の教習へ向けての意欲に繋がりました。


次回は私が何よりも手こずった「あれ」のお話をしたいと思います。
教習を受けた事がある方は不得意な箇所ってあったと思うんですけど
私はダントツで「あれ」だったんです。


宜しければ遊びに来て下さいね。









                           ~おまけのお話~


今日は寒かったのですがお天気がとっても良かったのでプチツーに行ってきました。


潮来経由で鹿嶋の海まで行ってきたんです。
海に着いて夢中で相方の写真を撮っていたら


IMG_5539.jpg


IMG_5548.jpg


IMG_5544.jpg


IMG_5550.jpg


誰かが私の耳元でフガフガッて言うんですよ。


ナニッ?!


って振り返ると其処にはワンちゃんが。ビックリしたよ~。


膝を付いて写真撮影をしていたのでちょうどワンちゃん目線だったんですね。
人懐こいワンちゃんで私の側から離れないんです。
「遊ぼっ!!」って飛びついてくるし。
リードが付いていなかったので野良ちゃんかと思ったら飼い主のお父さんが登場。


「おねーちゃん寒くねーのか?こんな所まで良くバイクで来たな!」


おとーさん。寒くない訳ないんですよ。でも乗らずにはいられないんです。
家でじっとしていると時間がもったいない気がしてね。


「もう、中毒だな。そんでこんな寒い中写真撮ってんのか!スゲーな。どれ、記念に1枚撮ってやっぺ。」


おとーさん。私恥ずかしいからいいよ(;´∀`)


お気持ちだけで十分です。


「いいから、早くポーズとれ!ピースでもしたらいかっぺよ!」


いやいや。そんな事よりおとーさんスマホ使えないでしょ?


「何言ってんだか。写真位は撮れるぞ!ここ押せばいいんだろ?」


はい。そうですけど...


「ほれ!早くポーズ!」


ペットって飼い主に似るって言うけどこの人懐こさ、ワンちゃんに遺伝したんだな。


これが撮ってもらった写真です。


IMG_5557.jpg


恥ずかしくてポーズなんか出来ません。自然体もどきの不自然体を撮ってもらいました。


「気ぃつけて帰れよ~!!」


はい~!写真撮ってくれてありがとうございましたヾ(;´▽`A“


とっても良い写真?だったので記念にブログに乗せておこうと思います。


こういうちょっとした出会いってバイクに乗っているからこそなんですよね。


先日も筑波山の方へ走りに行った帰り道にコンビニに寄ったら
車から降りようとしているおじいちゃんがWをず~っと見てるんです。

お手洗いに寄って暖かい飲み物を買って戻ると先程のおじいちゃんが
車の中からWを見てる。


と、その瞬間車から出てきて


「これはW6半(ロッパン)ですか?」と訪ねられました。


「はい!そうですよ!」と返事をすると


「は~。ここで見られるとは思ってもいなかったよ。これ何年車?」


このおじいちゃんW1と勘違いしているのかも。暗くて良く見えなかったのかな?


あれやこれやと説明していると「あっ!ホントだ。エンジンの形が違う!」


やっぱり見間違えてたんだね。


そこからお話に花が咲きおじいちゃんがハーレーに乗っている事、昔はYAMAHA車が大好きで
筑波山を攻めた事など色々な話を聞きました。
おじいちゃん全くバイク乗りには見えなかったので驚いちゃった。


「暗いし、寒いから気を付けて帰るんだよ。」と最期に声を掛けて頂いて。


私が乗っているバイクが引き寄せるんだと想いますが、年配の方から話しかけられる事がホントに多いんです。


2度と会う事はない出会いですけどこれもバイクのお陰。


バイク乗りになって良かったと思う瞬間です。







                            にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ





                        宜しければ応援の「ぽちっ」お願い致します。




スポンサーサイト
別窓 教習日記 コメント:8 トラックバック:0 ∧top under∨
<<春✽訪れてくれればいいのになァ... Shiee Is A 『W』 Rider 少年タチノ想ヒヲ思フ。>>
この記事のコメント
  • [名前ですが・・]
ぼこぼこのバイクに、贔屓チームの選手名なぞつけて、ダイジブですか?
「がっ君」は、ぼこぼこなんでしょうか?

何度もコカして大型車って、大変なんですねぇ。。
しかし、2時限で長足の進歩!
スゴイです!

息子すらりんも、始めての教習で「俺、向いてないと思う」と意気消沈してました。
詳しい事は話してくれませんでしたが、コカしたみたいでしたね。
時間的には第一段階終わる位まで(詳細は不明)進んでますが、女性と一緒になった事ないそうです。やっぱ少数派なんですね。
そして、毎回、「足が筋肉痛!」と言ってます。

所で、すらりんも、耳からのインプットが大変苦手なのです。その辺は、しぃさんに似てるかも?

海とバイクと後ろ姿の素敵なあなた(昔こう言う不レースのCMがありました)
写真、良く撮れてると思いますよ。

次回も楽しみにしています。

2015-02-22 22:55 | URL | すらいむらいだー #- 内容変更
  • []
おお~!最後の写真、とっても素敵ですね♪
バイクに寄りかかって、海を眺める女性。
見つめる先に何を思うのか?なんて、想像も膨らんじゃいます!
なにか、雑誌の表紙にでもなりそうな感じですなぁ~(*^-^*)

それに、しぃさんってホントに文章がお上手なんですね。
以前のことを思い出して、おもしろおかしく・・・すごいです。
いつも楽しませてもらってます(^-^)b
2015-02-23 18:57 | URL | アルカリ乾電池 #- 内容変更
  • [Re: すらいむらいだー様]
こんばんは!

> ぼこぼこのバイクに、贔屓チームの選手名なぞつけて、ダイジブですか?

ダイジブですよ!がっ君こと柴崎岳選手はボコボコではありません!
日本代表にも選ばれていて代表でも「20」番を背負ってます。
若いのにどっしりと落ち着いていて、とっても視野の広いNICEな選手。
遠藤選手の後継者と言われているMFです。

> しかし、2時限で長足の進歩!

これは教官のお手柄ですね。こんな話があります。
「スキップが出来ない子供が出来る子供と手を繋いでスキップすると
不思議な事に自然と出来るようになる。」
相乗効果ですよね。教官が並走してくれたお陰で走れるようになったんだと思います。

> 始めての教習で「俺、向いてないと思う」と意気消沈してました。

すらりん君の気持ちが手に取るように分かります。
人生で初めて230kgもあるバイクを操る訳ですから。
何もかも想像を超えていて手に追えないんです。怖いし、痛いし。
そう思うしかないというのが本当の所ですかね。

写真褒めて下さってありがとうございます。
通りすがったおとーさんの写真を撮る腕の良さに感謝ですね!!


2015-02-23 23:29 | URL | しぃ #- 内容変更
  • [Re: アルカリ乾電池様]
こんばんは!

> おお~!最後の写真、とっても素敵ですね♪

写真を撮ってくれたおとーさんに感謝ですね。
このポーズに決まるまであーでもないこーでもないと、おとーさんとやりあってました。
絶対に「ピース」だけはしない!って揉めましたし(笑)
ヘルメット被ってるのに「笑顔!」とか言われたんです。
お茶目なおとーさんでした。

文章は毎回悩み抜いてますよ~!
スラスラと気が利いた言葉が出てくれば良いのでしょうけど
ボキャブラリーが足りないせいで、更新するのにとっても時間が掛かってしまうんです。
UPした後は必ず見直しているんですけど、誤字、脱字も非常に多い!
気をつけます!!

> いつも楽しませてもらってます(^-^)b

ありがとうございます♪♪
こう言って頂けると「頑張るぞっ!!」という気持ちになれるんです。何しろ励みになります!
未熟者が書く拙いブログですが、気が向いたらいつでも遊びに来て下さいね!
ネタがある限りは頑張って更新していきます!!

2015-02-24 00:03 | URL | しぃ #- 内容変更
  • []
こんにちは~。

わーっ!鈴木教官!
私好きでした~(*^^*)
最初は怖いのかと思ってたら、面白くって最高でした~!
怖いと思った理由あるんですけど、お会いした時に話します(笑)

私も苦手があったんですけど、今なら絶対上手く出来る!気がするのは調子に乗ってるからですかね?

もう一度教習所のコース走りた~い!

2015-02-25 16:34 | URL | まー #- 内容変更
  • [Re: まー様]
こんばんは!

> わーっ!鈴木教官!私好きでした~(*^^*)

私も鈴木教官大好きでしたよ!
あの絶妙な茨城弁といい、空気が読めない感じといい。可愛かった(❤ฺ→艸←)
他の教官から聞いた話だと、「集団でやかましいバイクに乗って走り回る会」出身らしいです。
なんとなくそんな気配はあるような気がしますよね。

> 私も苦手があったんですけど、今なら絶対上手く出来る!

いや!まーさんの言う通り絶対に出来ます!!
スラロームだって1本橋だって今なら規定時間内にカッコよく?決める自信があります!
なんて(゚m゚*)プッ実際はどうなんでしょうかね?

私もコース走ってみたいと思ってたんですよ。
だから今年は絶対にライスクに行こうと思ってます。
水戸の教習所で年に数回ですけどやってるんです。
でも、自分のバイクでスクール受けなくてはならないんですよね。
それが心配の種。コカしたくない~(^^;)
2015-02-26 22:57 | URL | しぃ #- 内容変更
  • [お父さんありがとう]
お父さんの写真、ホンッとに格好いい!

あっ、私の通った西多摩の教習所は
第一段階はすべてそのシルバーのボコボコバイクでしたょ(笑)

ちなみに第二段階ではNC750でした。
153cmのチビなのでCBでもNCでも、苦労しました(T_T)
でも身長と根性は比例しませんから(笑)
技術より根性で免許とったのでもうこっちのもん(笑)

と思ったら、公道怖くて今になり技術のお勉強中です。

バイク行きましょ~ね。その日までに練習しますので。
奥多摩も楽しみにしています!
2015-03-07 21:44 | URL | haru #- 内容変更
  • [Re:haru様]
2度めのこんばんは!

> お父さんの写真、ホンッとに格好いい!

でしょ?(笑)お父さんの写真を撮る腕が凄いんだと思います。
後姿だし。前からはNGですよ~!ババぁがバレる(●≧艸≦)゛

> 第一段階はすべてそのシルバーのボコボコバイクでしたょ(笑)

そうなんですか。他の方はみんな赤×白のCB。
それが羨ましくもあったんです。
でもシルバーのボコボコCBが愛しくて。
癖がある子だったようで2段階目からは赤×白のCBに変わったんですけど
とっても楽に感じました。

私もどちらかと言えば根性で取ったような気がします。
それにバイクを操るには力はそんなに必要ないんだなって気が付きました。
引き起こしの時くらいですもんね。力が必要なの。
根性と後からついてくる技術。これだけだった!

> 奥多摩も楽しみにしています!

バイクで絶対に行ってみたい場所なんです。
案内宜しくお願いしますねo(*^▽^*)o~♪
2015-03-09 00:39 | URL | しぃ #- 内容変更
∧top under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


∧top under∨
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。